雑兵は将を討てば自然と崩れる。これ兵法の初歩の初歩なり。

2012.09.28.Fri.21:52
('友ω人)「お前のブログ見てて思ったんだけど、『私』って言うの堅苦しいわwww」
('紅ω茶)「やっぱり…?じゃあ今度から『僕』にするおw」


ども、紅茶です。

台風が来ているそうですね。
台風18号は東京に来ないそうですが、17号が来そうですね…

もうすぐEXP2012が発売とのことで、10月までの僕のガジェについての個人的な感想でも。

しかしどうでもいい記事なんで、「ガジェなんてそんなもん知ってるわwww」とかの人はブラウザバックを推奨します。


・ガジェを使う経緯

まずガジェを使う経緯でも。

このデッキを使うことを決めたのはJDC前でした。
その前の鷹の目で個人0-3して、チームメンバーのやまPさんがガジェで個人3-0してたので、尊敬の心からガジェを触ってみることに。

過去に何度かガジェを触ったことはありましたが、僕の飽きっぽい性格故にすぐやめてしまったんですよね(笑)

ただ、甲虫装機もHEROも聖刻も使う気になれないのでこのガジェを使うことに決めたんです。
JDC当日での結果もアレですが、前よりかはずっと良かったです。

そして「いつの時代もそれなりに戦えるデッキだな」と思いガジェのウルトラを買うことに。
なんとやまPさんに格安の値段で売ってもらい、現在に至るわけです。

ようは、

鷹の目で個人3-0したやまPさんにあこがれてガジェを触ることに
JDCの結果はアレだが安定していて強いことを再確認

使っていきたいから日ウル買うまであるで!


みたいな感じです。
そのせいか今は「なんだかよく分からない愛着」ができています(笑)

いや、ただ単に現金なだけですね。


・今のガジェとは

各色のガジェットによる後続の確保ができて安定したビートダウンを行えるデッキです。

また、《マシンナーズ・ギアフレーム》、《マシンナーズ・フォートレス》による打点と除去を兼ね備え、《ブリキンギョ》、《二重召喚》による《ギアギガント X》で追加のギアフレームやキンギョを持ってくることができるようになりました。

《血の代償》という必殺のカードも存在し、発動が通れば暴力といえるほどの超展開で一気にゲームエンドまで持っていくこともできます。


・各種説明

まずはサンプルでも。

メインデッキ(42枚)

モンスター(19枚)
増殖するG×2枚
レッド・ガジェット×3枚
マシンナーズ・フォートレス×2枚
マシンナーズ・ギアフレーム
ブリキンギョ×3枚
トラゴエディア×2枚
グリーン・ガジェット×3枚
イエロー・ガジェット×3枚

魔法(10枚)
貪欲な壺
二重召喚(デュアルサモン)×3枚
大嵐
死者蘇生
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(13枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×2枚
血の代償
激流葬×2枚
強制脱出装置
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.11 ビッグ・アイ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ウロボロス
ガガガガンマン
ギアギガント X×2枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル
交響魔人マエストローク

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
エレクトリック・ワーム×3枚
サイバー・ヴァリー
サイバー・ドラゴン×2枚
フォトン・スラッシャー×2枚
マクロコスモス×3枚
砂塵の大竜巻
増殖するG

まぁ現に僕が今使っているデッキです。


■モンスター

A117448.jpg

《グリーン・ガジェット》
《レッド・ガジェット》
《イエロー・ガジェット》

このデッキの主役です。
これがないと始まりません。

《マシンナーズ・ギアフレーム》
《マシンナーズ・フォートレス》

とてつもなく巨大な効果を持っています。
ガジェではトップ解決できるカード(例:開闢)が乏しいため、それをこれらで補います。
フォートレスに至っては、非常に除去が面倒なため、これ1枚に複数のカードを使っていただけることもしばしば…

《ブリキンギョ》

先攻クロスを支えてくれる頼もしい1枚その1。
2戦目から投入されてくる《ライオウ》の攻撃を受けてもビクともしない高い守備力を持っているのも魅力です。

《トラゴエディア》

ハンド事故やワンキルを止めてくれる、ハンドにあると安心できるカードです。
レベル調整で4だったり7だったりを指定して屈強なエクシーズモンスターも出せますし、コントロール奪取効果も魅力です。

《増殖するG》

特殊召喚を抑制するメタカードです。
トラゴとの相性も抜群で、相手にもよりますが初手にあると安心できる1枚です。
ただ、ガジェミラーではキンギョぐらいにしか打つところがなく、枚数は2に抑えています。


■魔法

A059256.jpg

正直この10枚は確定だと個人的には思っています。

《二重召喚》

キンギョと一緒で、先攻クロスを支えてくれる頼もしいカードその2。
ただモンスターではないので、そこまでの過信はできません。
地味にトップ二重召喚で返せる場面だったり耐えれる場面もあったりします(笑)

《大嵐》
《死者蘇生》
《ブラック・ホール》

必須。
特にブラホはトラゴで耐えた返しにあるとバケモノと化します(笑)

《貪欲な壺》

色んな意見がありますが、個人的には必須だと思っています。
ガジェが切れてお手上げなんてのは洒落にならないです。
この2ドローで逆転できる可能性がある以上、外すことはできないです。

《サイクロン》

最近は打ちどころが難しいカードです。
《スキルドレイン》といった永続系が見えた場合はそこに焦点を当てていきます。
バカスカ使うのではなく、よく考えて使いましょう。
よく僕はバカスカ使いますがwww


■罠

A102165.jpg

最近は罠の選択がすごく難しいですね…
今はこのような構成になっていますが一体どうなることやら…

《強制脱出装置》

前までは2枚でしたが今回はピンで採用しました。
これ1枚に助けられたことも多いですが、打つものによっては根本的な解決にならないので1枚です。

《奈落の落とし穴》
《激流葬》

個人的に激流が最近微妙でしたが、この1枚のカードパワーがとても高くそうやすやすと抜けるものではないと思っています。
ただ、激流1枚抜いて41枚構築にするのもよし、その1枚を脱出に変えるのもアリですね。

《次元幽閉》

「なんでミラフォじゃねぇの?」と聞かれそうですね。
ミラフォのカードパワーは確かにズバ抜けています。
ただ、幽閉だと

・マエストローク、スタダ、シャイニングといった処理が面倒なモンスターを倒せる点

「脱出とかフォートレスでいいだろw」と言われそうですが、これは確実に”破壊せずに消せる”んです。
例えば開闢に脱出打ってもまた出てきたら('Д`)ですし、フォートレスで自爆特攻する前にゲームが終わる可能性だってあります。

・リビデや蘇生といったカードでの再利用をさせなくする点

これもなかなかに重要です。
特にミラーではフォートレスを除外するだけでも試合運びがグッと楽になることもしばしば。

《リビングデッドの呼び声》

「ガジェがあるのにキンギョがない!」ときの召喚権の増加だったり、バトルフェイスの追撃だったり、相手の攻撃宣言時にとりあえずフォートレス蘇生したり、魔デッキに対する回答にもなりうるパワーカードです。

《血の代償》

なぜ禁止に行かなかったのか不思議でならないカードです(笑)
通れば大体ゲームエンドまで持っていく暴力的な1枚です。

《神の警告》
《神の宣告》

トラゴーズだったりとにかく面倒なものを消します。
たった1枚のカードでゲームが大きく変わるのが遊戯王です。
脅威となるものは排除しましょう。


■エクストラデッキ

A120234.jpg

《ギアギガント X》

もはやエースです。
先攻クロスが今の環境の指標の1つでもあります。
このカードで先攻で2アドを稼ぎつつ、しかも回収するのがギアフレだったりキンギョだったりと強いものばかりです。
また、ライオウがいても墓地から回収することができるもなかなかに強い要因の1つだったりもします。

《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》

敵側にいるとうっとおしいですが、味方となれば話は別。
デッキのモンスターの大半がレベル4なので必然的に活躍の場は訪れます。
宣言するものさえ間違えなければ、ゲームをかなり優位に進めることができます。

《No.39 希望皇ホープ》

単純に壁としても機能するほか、ホープレイの種にもなってくれます。
相手を倒しきれない場合はホープ+ガジェなどといった次のターンの後続の打点やガジェを残したい時に使います。

《CNo.39 希望皇ホープレイ》

必要かどうかは個人で異なりますが、この1枚で4000もっていけるのはとてつもなく強いです。
これが無いせいで負けた試合も無いわけではないです。
ただ、ここが2枚目のマエストロークだったらなぁ…なんて思うこともあったり(笑)

《No.50 ブラック・コーン号》

耐久持ちのモンスター(例:マエストローク、ゼンマイン)などを除去する役目で入っています。
また、魔デッキがサイドに入っていれば媒体にもなります。

《交響魔人マエストローク》

ランク4エクシーズの超優秀カードです。
破壊耐性持ちもとても強く、壁としての役割のほか、この1枚で守備1800以下は無に帰します。
個人的に2枚目を入れてもいいと思います。

《ガガガガンマン》

とにかく相手のライフを7200削ればこれ1枚でゲームが終わります。
その効果故に、ETではこのカードのバーンダメージでゲームが決まることもあります。
また、打点3000以下をこれ1枚で処理できるのも強いです。

《ジェムナイト・パール》

シエン、スタダといった攻撃力2600以下を突破するために使います。
単純に打点要因として入っています。

《インヴェルズ・ローチ》

聖刻相手などに有効です。
開闢やダムドなどを抑制するために最後の安全策として出すこともあります。

《イビリチュア・メロウガイスト》

主に裏守備でおかれたモンスターなどに対しての安全策として使います。
リクルーター系のモンスターを扱うデッキ(例:水精鱗)などでは重要なモンスターです。

《ダイガスタ・エメラル》

ガジェが枯渇したときや代償が通ったときによく使います。
1ドローで世界が変わることも稀にですがあります(笑)

《ヴェルズ・ウロボロス》

2、3伏せに対して代償が通った場合、まずこれから出しに行きます。
それ以外では相手の墓地に存在するグラファや、場に存在する処理に困るモンスター、ハンドが2枚の時はハンデスを狙いにいきます。

《No.11 ビッグ・アイ》

トラゴ、フォートレス、リビデを採用する上でこのカードの存在は光ります。
相手の耐久持ちをどけたり、相手の闇属性を奪って魔デッキを打ったりもできます。

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》

ガジェ、カラクリが横行する中積まないという選択肢はないかと。
今は採用していませんが、このカードも魔デッキの媒体にできます。


■サイドデッキ

A106970.jpg

《増殖するG》

メインとサイド合わせて3枚という構図にしています。
2戦目から相手の妨害札として投入します。
相手も当然これを見越してSSする魔法(例:簡易融合)などを抜いてきますが、ハンドにGがなければないで一瞬でライフを持っていかれます。
入れないで負けるより入れて負けたいものです。

《D.D.クロウ》

いまだにしつこく存在するヒーローだったり、墓地を利用する地雷デッキ(例:スクラップ)など投入します。
後は暗黒界のグラファに打ったりすることがほとんどです。

《エレクトリック・ワーム》
《サイバー・ヴァリー》

いまやミラーでは有名なコンボカードですね。
先攻クロスで取られたアドに追いつくことができる素晴らしいコンボです。
またミラー故に場に機械族を出すことを渋らせることもできますし、出したら出したでパクられてアド差をつけられる始末…
ミラーでの2戦目からではこれを見越したプレイを要求されます。

《フォトン・スラッシャー》

2戦目から《ライオウ》や《魔のデッキ破壊ウィルス》が入るようなデッキには入れます。
ETではキンギョ(二重召喚)+ガジェ以外でもガンマンを立てれるルートの確保もできます。

《サイバー・ドラゴン》

以前まではプロトサイバーでしたが現在はこれを採用しています。
単騎で強いですし、なによりミラーやカラクリ戦の時は重宝します。

《砂塵の大竜巻》

スキドレといった永続罠を割るために採用しました。
また、エンド砂塵でバック割りつつリビデないし代償セットもできます。

《マクロコスモス》

今では《ソウルドレイン》が入っているそうですが僕はこちらを3積みしています。
単純に1000ライフ払うのが痛いんですよね。
こちらだとマシンナーズ系がうまく機能しないのではないか?という意見もありますが、相手からしたらサイクロンなどでこれを割ってきてくれるので、そこまで困ったりはしません。
メタカード割られて負けることもありますがw


■検討枠

・サイド

《エフェクト・ヴェーラー》

もう見たくない1枚ですがEXP4の発売後は見ることが増えそうです。
まだ時期ではないと思い、採用はしませんでした。

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
《カオスポッド》

大量展開する相手に欲しい1枚です。
今は相手の展開を止めるためにGの採用にスペースを取られているためお留守番中です。

《ヂェミナイ・デビル》

暗黒界相手に欲しいとされる1枚ですが、今は暗黒界がそこまで多くなく、相手もこれを見越して取引などを抜いてくるので採用を見送りました。

《魔のデッキ破壊ウイルス》

ガジェミラーでは無類の強さを誇ります。
媒体候補にはトラゴ、コーン号、キメラなどが挙がりますね。
個人的に採用するならメインかサイドにゴーズを入れたいんですよね(笑)

《マインド・クラッシュ》

強謙や各種サーチカードでハンドの情報は割と把握できることができるのが今の環境です。
天使の数次第では入れるのも視野です。


以上です。

ここまで読んでくださった方がいましたら、お疲れ様です。
こんなどうしようもない当たり前なこと(間違ってることの方が多い)文章読んでさぞご立腹でしょう(笑)

そんなときには「午後の紅茶」のストレートティーをオススメしますよ!

罠型デッキは好きなんですけど、ガジェは非常に飽きやすいデッキです。
それでもなにか使い続ける”理由”があればずっと使えますね!


では。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 10月! | HOME | ガジェ »