ダメだよ、あれは…綺麗なんだぜ

2012.11.08.Thu.16:29
ども、紅茶です。

相変わらずカードばっかいじっています(笑)
最近はガジェやめて別のデッキ使っています。

なんというか気持ちいいものですね。
ブン回しもできてバックもおける…正直キモいです(笑)


今日はこの前使ったガジェのレシピでも。

0-3したデッキですが、当たったデッキがデッキなのであまり気にするなって言われたんでそうしています。
まぁゼンマイとか暗黒界を意識しすぎた感がします。

もっと広い視野で考えるべきでした。

正直ガジェならどの相手にも五分五分取れると思って寄せすぎたのがダメでした。
反省します…

てか今期のデッキの数多くないですか?(笑)

以下レシピ

ガジェ(ホビCS)


メインデッキ(42枚)

モンスター(19枚)
グリーン・ガジェット×3枚
レッド・ガジェット×3枚
イエロー・ガジェット×3枚
ブリキンギョ×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム
マシンナーズ・フォートレス×2枚
トラゴエディア×2枚
増殖するG×2枚

魔法(10枚)
死者蘇生
大嵐
ブラック・ホール
貪欲な壺
二重召喚(デュアルサモン)×3枚
サイクロン×3枚

罠(13枚)
次元幽閉×3枚
奈落の落とし穴×2枚
激流葬×2枚
血の代償
リビングデッドの呼び声×2枚
神の警告×2枚
神の宣告

エクストラデッキ
ギアギガント X ×2枚
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.50 ブラック・コーン号×2枚
交響魔人マエストローク
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
インヴェルズ・ローチ
イビリチュア・メロウガイスト
ダイガスタ・エメラル
ヴェルズ・ウロボロス
No.11 ビッグ・アイ

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
強制脱出装置×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×2枚
マクロコスモス×3枚
御前試合×2枚
盗賊の七つ道具×2枚


こんな感じで使いました。

~解説?~

■メインデッキ

・《増殖するG》×2

ゼンマイや水精鱗などを意識した結果投入しました。
調整段階ではこれに助けられた場面が2回ありましたが、正直抜いてもいいぐらいです。
ここには《聖なるバリア-ミラーフォース-》または《エフェクト・ヴェーラー》の方がまだいいかもしれません。

・《次元幽閉》×3

暗黒界、カオスドラゴン、ミラー、を意識して投入しました。
また、《リビングデッドの呼び声》による再利用をさせたくないという面でも《聖なるバリア-ミラーフォース-》をサイドに回しこちらを投入しました。
実際、1回戦のマシンビート相手には《奈落の落とし穴》と共に相手の《マシンナーズ・フォートレス》を除外してくれたりと、とても心強い1枚でした。

■エクストラデッキ

・《CNo.39 希望皇ホープレイ》

正直なくてもいいかと(笑)
多分こいつの出番は100マッチに1回かと。
僕が今ガジェ使うならここを《交響魔人マエストローク》2枚目に変更するかと。

・《No.50 ブラック・コーン号》×2

今回このカードを2枚採用しました。
ここはえんぺらーさんに教えていただきました。
これまでにゼンマインやマエストローク、破壊耐性持ち(例:死霊)などに対してはこのカード以外での突破が困難でした。
しかし、このカードを場に出すと奈落や警告を踏むことが多く、除去したいモンスターが場に残ることで相手に解決札を引かれ負けてしまうといった場面が多くみられました。
そこでこのカードを2枚投入することで突破できるほか、「コーン号1枚除去したから大丈夫だろw」と思う相手の意表を突くこともできます。

■サイドデッキ

・《D.D.クロウ》×2

暗黒界の《暗黒界の龍神 グラファ》やゼンマイの《ゼンマイネズミ》、カオスドラゴンを意識して投入しました。
どのデッキもガジェは苦手とするため、抜くことができなかった1枚です…

・《エフェクト・ヴェーラー》×2

主にゼンマイ戦で使うことになります。
ゼンマイ相手にはメインのGとサイドのクロウヴェーラーで相手の行動を凌いでいくことになります。
使い勝手は非常にいいのですが、ゼンマイが張ってくる《次元の裂け目》に注意が必要です。

・《強制脱出装置》×2

主に《神の警告》が抜けていく穴を埋めてくれるカードです。
暗黒界や水精鱗といったデッキにはあまり強くないのでサイドに回した次第です。

・《御前試合》×2

ゼンマイ意識で投入しました。
ですが、ネズミラビットを突破することができないのが若干つらいところです…
ただ、相手の展開次第ではとてつもないカードになりうる可能性を秘めているカードでもあります。

・《盗賊の七つ道具》×2

ゼンマイの《トラップ・スタン》を意識した結果、こちらを入れることにしました。
1戦目、2戦目で《トラップ・スタン》の存在を確認したら投入するかたちでしたが、ここは《砂塵の大竜巻》でいいかもそれません。

■採用しなかったカード

・《サイバー・ドラゴン》

ガジェの使用人数の傾向をみて、大多数いたガジェの使用者が減ったことにより、採用をやめました。
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》も同様の理由です。

・《つり天井》

ガジェが裏向きでカードを場に出すデッキではないのでこのカードの採用はやめました。
折角出した《ギアギガント X》などを自分で破壊したくはないものです…
でも前の環境では甲虫装機出されたら自分の場に関係なく激流とか打ってましたがw

・《冥府の使者ゴーズ》

サイドに《魔のデッキ破壊ウィルス》を投入する場合は入れたいカードでしたが、今回は多量の罠をサイドに積んでしまったことにより、スペースの都合上で外しました。
ただ、このカードと《マシンナーズ・フォートレス》を出すことで《No.11 ビッグ・アイ》を出せるのは魅力的なんですよね(笑)


こんなものでしょうか。
ガジェットはトップで解決することはあまりなく、動きもとても地味です。

ですが先攻クロスからテンポよくアドを重ねつつ最後は《マシンナーズ・フォートレス》といった物量で殴って試合をとっていく様はまさに綺麗な試合と言えるでしょう!

また近い日に使う日が来そうですが、今はいったんお休みということで(笑)


では。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示