怨恨のみで戦いを支える者に私を倒せぬ!私は義によって立っているからな!

2013.04.27.Sat.23:52

ども、紅茶です。
GWですね!

新年度が始まって溜まった疲れを取りたいものです…
かといって5月病にはならないようにしなくてはいけませんね(笑)

そして…「ラブライブ!μ’s 3rd Anniversary LoveLive!」先攻販売は見事に落選しました…
ですが、一般販売もあるとのことなので死にもの狂いで取りにいきます!



さて、遊戯の話でも。

新弾「JUDGMENT OF THE LIGHT」が発売されて1週間経ちました。
とりあえず《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》と《トランスターン》だけは回収しました。




《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/昆虫族/攻2500/守 800
闇属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
選択したカードはカードの効果では破壊されない。
フィールド上のこのカードが破壊される場合、
代わりに選択した自分のカード1枚を墓地へ送る事ができる。



普通に強いかと。
(あくまでもヴェルズかつメイン鉄壁の構築のお話です。)

現在の環境上、ヴェルズに《王宮の鉄壁》をメインに採用するのを渋っていた僕にとっては天からの贈り物に等しいものです。
今現在、《王宮の鉄壁》というカードが唯一征竜魔導の両方を抑えることができるカードであり、それを場に維持できるというのは勝利への道筋が1つできるということです。
征竜に対してはこれと《王宮の鉄壁》、《安全地帯》を駆使して戦い、魔導に対してもオピオンを使わずに《闇のデッキ破壊ウイルス》を打つ媒体にもなりえる、まさに優秀なカードであると考えています。

マッチ2戦目以降からは《月夜命》などによって意味をなさない場合もありますが、そこをどうにかできれば…といった次第です。

また、このカードを採用することで《カゲトカゲ》といったカードの採用も検討できます。
この《カゲトカゲ》を採用することで「オピオンに依存しないヴェルズ」を確立できるのではないかとも考えています。




今のヴェルズのお話はこんなもので。

僕自身、今のハゲ2体と大きなドラゴンが支配する環境を全く楽しめていませんが今後のためにもっとヴェルズを研究していきます!

もっと勝てるように精進しなければ…
今の環境でヴェルズを使う意味なんて…それでも!使わなきゃいけないんだ!(金銭的な問題で)信じるんだ!自分の成すべきと思ったこと(スクフェス課金でガチャ回す)を!←クズ




・WS

最近「ラブライブ!」のトライアルを購入して始めました。
僕の行きつけのショップではTPが何人かいるので教えてもらっています(笑)

今のところ、全く勝てません(笑)
やはりカードゲームは勝てないと面白くないですね。

トライアル買って3日で辞めようかとも思いましたが、折角なので細々とやることにします。
早くブースター出してほしぃなぁ…



・スクフェス

今のところランクは34で課金せずに細々とやっています。
モブの絆MAXしまくって溜めたラブカストーンはガチャにぶち込んだあげく推しメンのことりちゃんがでなくて爆死。泣きそうです。(みんな可愛いからいいんですけどねw

そして最近実装された「日替わり楽曲」。
HARDが鬼です。
毎朝ニコ動の楽曲クリア曲の動画見ては大学に通うスタイルをとるほどにまでなってます(笑)

もはや末期ですね。




とまぁ、今日はこんな感じで。


では。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示