そそっかしいんだよ、お前は!

2014.08.11.Mon.22:45
ども、紅茶です。

気づけば8月も残り3週間になってしまいましたね。
学生の皆さん、宿題は終わっていますか?
社会人の皆さんはお盆休みでゆっくり身体を休めてくださいね。


え、僕?


いやぁー


コミケが楽しみですね!!


今日はスクフェスについてちょっと長い記事でも。
気になる方は追記からどうぞ。

-もくじ-

1、はじめに

2、マカロン形式
モブライブ!
プレイスタイル
マカロンイベまとめ

3、スコアマッチ
失敗稼ぎ
プレイスタイル
スコアマッチまとめ

4、転部

5、走り続けるには

6、最後に





1、はじめに

どうも、紅茶と申します。
以前のことりちゃんイベントを終えて、今後イベントで最上位を狙って走ることは考えていない(そもそももう仕事休めない)ことと、新イベント開催前ということでこのような記事を書かせていただきます。

今後のイベントで最上位を狙う方の参考になるかは分かりませんが、参考になれば幸いです。

また、この記事は最上位を狙う方向けの記事となっております。
故にイベント期間中の9割は仕事やバイトを休むのがもはやデフォルトになってしまっている(おかしい)のを前提に書かせていただきます。



2、マカロン形式

昨年5月から続く伝統的なイベントですね。
それ故に歴史は深く、これまでいろんな方々が人間を辞めるユメノトビラを開けてきました。

ここではそのマカロンイベについて書いていきたいと思います。


モブライブ!

このイベントで最上位を目指す場合はほぼ「モブライブ」に頼ることになります。



※モブライブとは

「そんなの説明する必要ないっしょwww」とか言われそうですが一応。
下記の写真のようにセンターをモブの子にし、あとのメンバーはなるべく回復のスキルをもつ部員で固めてわざとコンボをブチブチ切って(コンボCすらつけない)ライブを行うことをモブライブと呼んでいます。

IMG_1403.png


このモブライブを行うことのメリットとしては

楽曲開始前、ライブクリア時、楽曲終了時にキャラクターのボイスが入らないため、通常ユニットでライブを行うより2,3秒短くできます。
また、コンボC以下によるクリアなので獲得できるライブ報酬の部員が2人になることで転部させるまでの時間が伸ばせるというメリットもあります。



この方法で時速750pt近く稼ぐのがマカロン形式を走るポイントになります。
延々と同じ楽曲を聞いて飽きてきたら無音状態にし、違う音楽を流したり通話しながらやることも可能になります。


プレイスタイル

このイベント期間中にはイベントアイテムを27個獲得できる楽曲がEX楽曲と超難関楽曲の2種類が存在します。
まずこの2種類の楽曲の違いを書いていきます。


《EX楽曲》

まず最初にEX楽曲を叩こうとする前に”その楽曲が何分かかるのか”を確認しなければなりません。

後述する「Mermaid festa vol.2 ~Passionate~」を除く3曲の平均ライブ時間が1分44秒なので、1分50秒までの楽曲ならば、叩き続けていいかもしれません。

現状ですと、

「愛は太陽じゃない?」(1,39:383combo)
「ダイヤモンドプリンセスの憂鬱」(1,41:410combo)
「No brand girls」(1,47:457combo)
「これからのSomeday」(1,47:487combo)
「ラブノベルス」(1,48:439combo)
「あ・の・ね・が・ん・ば・れ!」(1,50:431combo)

通称:神EX
おそらくこう呼んでいるのは僕だけ

これらのEX楽曲になります。

上記のEX楽曲を1時間で28 or 29回叩き750pt近く稼ぐことができれば順調です。


《超難関楽曲》

まずは基本情報として、

「Mermaid festa vol.2 ~Passionate~」(2,02:584combo)
「乙女式れんあい塾」(1,47:553combo)
「soldier game」(1,42:563combo)
「告白日和、です!」(1,45:579combo)

と、上記の楽曲を日替わりで叩くことができます。
※プレイ時間の長い「Mermaid festa vol.2 ~Passionate~」は除外します。

これらのライブ時間の短い3曲はマカロン形式のイベントにおいて解放されたEX楽曲のライブ時間に左右されることなく叩くことができるといった特徴があります。

また、「soldier game」に関してはEX楽曲の「愛は太陽じゃない?」同様、1時間最速で30回プレイすることが可能であり、イベントptを稼ぐにはもってこいです。


マカロンイベまとめ

冒頭でも述べましたが、イベントを走るうえで”いかに指の疲労を抑えられるか”が課題であること前提に書きます。

6曲の神EXの平均ノーツは434.5アイコン。
それに対し《超難関楽曲》3曲の平均ノーツは565アイコン。

100ノーツ以上の差があることがわかりますね。
単純に1時間28回プレイするとなると2,800以上もの画面タッチの差が出てきてしまいます。

これを1日22時間、それを9日間…554,400タッチもの差が…
考えたくもありませんね笑


また、マカロンイベント期間中ずっと同じ指でプレイするのは大変困難であり、使う指を変えてプレイすることも少なくありません。
僕の体験談になってしまいますが、イベントアイテムを貯める場合にはEX楽曲を親指で叩き、課題曲をいつもの指で叩く方式をとっていました。

IMG_3998.jpg

…話を戻します。

つまり何が言いたいのかというと

超難関楽曲をプレイしつづけるのは身体に負担がかかりすぎる、ということです。
指と目に疲れが出てくるのはEX楽曲を叩いてるときよりも早いです。

EX楽曲ではそこそこの速さでノートが流れていくのに対し、超難関楽曲ではノートが連続で流れてきたり集団で襲ってきたりするのは通過儀礼なので、ライブ失敗による消費ラブカストーンの増大、コンティニューに時間もかかるなどデメリットだらけです。
せっかく短いライブ時間もこれでは意味を成しません。


神EXが存在しない場合は解放されているEX楽曲の中で最短の楽曲を、「soldier game」がプレイできる日はソルゲだけやる方が安定して走れるかと思います。(ソルゲ日和、です!
または時間配分を決めて1,50越えのEX楽曲→超難関楽曲としていくのも良いかもしれません。



3、スコアマッチ


※周回する楽曲はEX楽曲だと仮定してお話します。

昨年10月より開催されたマカロンイベに変わるイベント形式ですね。
4人の方が集まりスコアで勝負するといったバトル要素があるイベントです。

ここではそんなスコアマッチの闇の部分を含めて書いていきたいと思います。


失敗稼ぎ

まず最初に、このイベントでイベント最上位に入るのは相当キツいです。
その要因に「失敗稼ぎ」というものがあります。



※失敗稼ぎとは

まず例として以下の楽曲が用意されたとします。

「愛は太陽じゃない?」
「START:DASH!!」
「after school NAVIGATORS」
「輝夜の城で踊りたい」
「Wonderful Rush」

この中で1曲1分55秒かからない楽曲は「愛は太陽じゃない?」、「Wonderful Rush」になりますね。
つまり何が言いたいかというと、この2曲以外の楽曲はライブ失敗による91ptに変換し時速10,000pt近くを叩きだしていく方法です。

 IMG_1684.png

この失敗稼ぎではポイントは稼げますが、失敗することによってもたらされるデメリットの方が多いです。

まず、失敗稼ぎすることによって本来得られるはずの83EXPが入らないため、ランクが上がりにくいということ。
そして大量のラブカストーンが必要になること、一部の人から不快に思われる(ぶっちゃけ他人の評価とかどうでもいいって方の方が多そうだが)ことです。



最近ではこの方法をある程度やらないと最上位を狙うのが厳しくなってきました。
普通に楽曲をやっている人と比べたらかなり違いが出てきます。

1時間24曲できると仮定し全て1位だとしても9,792ptと10,000には届きません。
この時点でかなり差がついてしまうのがスコアマッチの恐ろしいところです。


プレイスタイル

ここでは失敗稼ぎを行わない方式でイベントを走ることを前提に書いていきます。


スコアで勝負するのでフルコンとれた方が順位は上に行くことの方が多い(はず)のですが、ずっと走っていると視界に映るもの全てが崩壊していくのでコンボは繋がらなくなり、フルコンはとれなくなっていきます。

こうなってくると1位を取れることは少なくなり、3位や4位を掠めることが多くなっていきます。

「しかし、走り続けなくてならない…」
そんなときは総ノーツが460を超える楽曲はコンボをぶちぶち切り、それ以外の楽曲をコンボC程度まで叩くようにする、といった自分の中でボーダーを決めておくのがいいと思われます。


プレイできる楽曲のなかでノーツ数が480を超える楽曲がある場合、その属性に沿った回復メンバーを3人ぐらい組み込んだユニットを用意するのも良い選択です。


スコアマッチまとめ

とにかく画面を叩いてポイントを稼ぐためにマカロンイベのように使う指を変えてやることも少なくはありません。
曲の選択画面だったり、リザルト画面は微量ではありますが貴重な休憩時間です。ご飯を少しずつ食べたり水分補給も可能なのが大きな違いのひとつです。


そしてもうひとつの違いはライブに失敗してもポイントがもらえることです。

「なにがなんでも1位をとりたい」のであれば失敗稼ぎを避けては通れません。
これによってもたらされるデメリットも同様です。


総じてこのイベントは走り甲斐のある良いイベントとは思えない、というのが個人的な感想です。

まったりやる分には、「フレンドの皆や有名な人たちと当たることができる」、「生放送などでスナイプできる」、「名前変更による遊びがある」など面白い要素がたくさんあることはとても良いことだと思えるのにいざ本気で走ろうとすると様々な課題が見つかります。

この課題が解消されない限り、このイベントを走る意味は正直ありません。

無論、失敗稼ぎは悪い行為ではありません。
なにがなんでも1位、最上位を取ろうとする行為は尊重されるべきです。



4、転部

スクフェスをやっていると必ず起こる転部作業ですが、ここでも効率よく時間短縮のためにやれることがあります。
ここでは僕がやっている転部方法をご紹介します。


まず最初に部室の空きを72人にしておきます。
そして以下のように転部作業を行っていきます。


まずソートを「入手順、降順」にします。

転部1

そして1ページ目の18人を選んだ後、右の矢印ボタンを押し2ページ目へ移動します。
1ページ目同様18人の子を選択し転部ボタンを押し36人を転部します。

すると今度は2ページ目から表示されるので18人を選択した後、左の矢印ボタンを押し1ページ目へ移動します。
これまで通り18人の子を選択し合計36人を転部します。

転部2

これで合計72人の転部作業は終了です。
変に時間を取られることなく綺麗に転部させることができます。

適当に50人ずつ選んで半端なあまりを転部させるよりも効率がよく、2秒ぐらいの違いが出てきます。


「そこまでしなくてもいいだろwww」と思われがち(実際僕も思ってる)ですが、こういった細かい作業を意識することでで気持ちの持ち方は変わってくる人は変わってきます。



5、走り続けるには

走り抜けるにはモチベーションが大きく関わってきます。
ここではそのモチベーションの維持の仕方だったり、あらかじめ用意しておくと便利なものを紹介していきます。


《計画表を作る》

1日に稼ぐノルマとなるポイントを設定し、その日の時速をメモできる表を作っておくとモチベにもつながり大変便利です。
エクセルなどで作っておくことをオススメします。


《ランキングチェック》

あらかじめライバルを決めておいて、その人がどれだけやっているのかを見るのもいいのですが、課題曲2曲やって11曲EX or 超難関楽曲をやって休憩したりすることも考えられる(それでも毎時チェックはします)ので、着目するのは自分が1時間でどれだけ稼げたかですね。これを表に書いてモチベを維持します。


《通話》

スカイプなどで仲のいい方たちと和気藹々と話しつつ着実にイベントアイテムを貯めていきます。
モブライブ中はコンボはどんなに切ってもいいので話しながら貯めることができるのでとても助かっています。


《妄想》

僕だったら好きなカップリングについて考えることが多いですね。
たとえばことりちゃんと海未ちゃんがお買いものに行って――
---ここで文章は途切れている---


《睡眠》

経験談になりますが、最低でも1日1時間は寝た方がいいです。
周りのライバルが一睡もせずにやっている場合は自分のコンディションと相談し叩くことになりますが、相手も同じ人間(のはず)です。いつかガタがきます(多分)。流されることなく、自分にとって最善の方法を模索した方が賢明です。


《サブウェポン》

イベント期間を走り抜けるには以下のものを体内に入れることが多いです。

「ウイダー」
一瞬でお腹に入ることと、手が汚れないので優秀です。冷やしたものを一気に飲み込むと冷たいので2曲ぐらいこなす気力があがります。

「LOTTE ブラックブラックガム」
僕は口にしたことはありませんが、とても効くとのこと。
ボトルタイプを3個ぐらい用意するのがオススメだそうです。

「オロナミンC」、「エスカップ」
疲労回復にはもってこいです。お値段もおてごろで飲みやすいです。

「眠眠打破」
カフェイン120mgの苦い飲み物です。イベント後半で効力を発揮します。

「エスタロンモカ錠」
無水カフェイン100mgのカフェイン剤です。こちらもイベント後半で効力を発揮します。



6、最後に

この前のイベントを通して走ることの大変さが少しでも伝わればと思いここまで書いてきましたが、如何だったでしょうか。
少しでも参考になれば幸いです。

いろいろと問題点はあるので、9月から始まる新イベントには否が応でも期待が高まりますね。
様々な憶測が飛び交うなか、どんなイベントになるのか…
楽しみな反面、不安もありますが、次のイベントに期待しましょう!

では…最後までこんな駄文を読んでいただき、大変ありがとうございました。
これからの貴方様のスクフェスライフがより良いものになりますように♪


では。 ぷわ (・8・) ぷわ


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示