魂ノ導

2015.06.23.Tue.02:37

ども、紅茶です。

劇場版ラブライブ!の2年生色紙貰おうと映画館に赴いたら「もうないッス!笑」と言われ絶望しました…
次に見に行くのは広島ファンミのときかもしれません!笑

というかファンミまであと2週間ぐらいしかないんですね…
なんだか緊張してきました…!


ここからは遊戯王のお話でも。

魔術師がさっそく優勝&入賞しているようですね!
そのせいか一部のカードのシングルレートがぶっ壊れていますね笑

《EMペンデュラム・マジシャン》
《霞の谷の巨神鳥》
《幻想の黒魔導師》

この3枚の値段がおかしなことになっていますね笑
字レアの巨神鳥は以前から値段がついてはいましたがまさかこんなことになるとは…

今後は《竜剣士ラスターP》も危なさそうなので確保しておいた方が後で後悔しなくて済むかもしれませんね笑
あとは《昇天の角笛》も安ければ買っておいてもいいかもですね。


《EMペンデュラム・マジシャン》

デッキの初動である《EMドクロバット・ジョーカー》をサーチするレベル4魔法使いのPモンスターです。
表向きのカードを破壊して効果を発動しドクロ→オッドアイズと繋げてまた《慧眼の魔術師》をサーチすればスケールを割られても次のターンの立て直しが効きます。
また、スケールが低いのも魅力的で、打点UPも地味ながら強力です。
いらないと判断できればランク4エクシーズを狙いにいけるので2枚~3枚の複数投入が望ましいので値段が上がるのも納得できますね!笑


《霞の谷の巨神鳥》

自身を対象にあらゆる効果を無効にしつつ毎ターン帰ってくる鬼鳥です。
このカードは小型の《ナチュル・エクストリオ》といった感じで、後攻でP召喚の際に裏目となるカードが召喚無効系のカウンター罠程度しかないので大体のものをケアできます。
P召喚に激流や脱出を当てられても毎ターン帰ってくるのと、アドバンス召喚でも降ってくる可能性を考えると恐ろしいモンスターでもありますね。
ただし先行で出せれば強いのは確かなのですが、ペンデュラム召喚の準備を整える役割があるわけではなく、このカードで盤面を返せる効果を持ち合わせておらず、安定性に欠ける面が目立つのが残念なところです。


《幻想の黒魔導師》

特殊召喚するケースが非常に多いわけではありませんが、イラストが残念なこと以外は優秀なエクシーズモンスターです。
効果で《竜脈の魔術師》を特殊召喚し《Emトラピーズ・マジシャン》へと繋げてワンキルしたりプトレマイオスを出したり、《竜穴の魔術師》を特殊召喚してランク7エクシーズを行ったりと役割は多いです。
出したい通常魔法使いモンスターが墓地へ行ってしまっても《賤竜の魔術師》で回収すればなんとかなることもあり、欲しい場面は少なくありません。


《竜剣士ラスターP》

片方のPスケールに配置されたPモンスターを破壊し、破壊したものと同じPモンスターを手札に加えます。
一見「何が強いの?」と思いがちですが、言い換えると「破壊したPモンスターと同名モンスター1体をリソースに変換できる」ということです。
例えばハンドにラスターとペンデュラム・マジシャンAの2枚があったとしましょう。
この2体をスケールとして配置し、ラスター効果でペンデュラム・マジシャンAを破壊し、デッキからペンデュラム・マジシャンBを手札に加え、スケールに配置しなおします。
先程破壊されたペンデュラム・マジシャンAを特殊召喚しラスターを破壊。
デッキからドクロバット・ジョーカーを加え、そのまま召喚してオッドアイズを加えて配置し最終的にハンド+1といった動きが可能になります。
このカードでできることの大まかなまとめとしては

1、返しのランク4モンスター素材を用意できるようになる。
2、打点不足を《爆竜剣士イグニスターP》で解消することができる。
※イグニスターは相手のPカードも割れるのでPモンスターを利用するデッキに強いです。
3、ライオウには劣るが素出しのクリフォートモンスターを一方的に殴れる。

といった感じでしょうか。

巨神鳥型かラスター型か、それともハイブリッドか。
これからの魔術師の構築がどのようになっていくのかが楽しみですね!

今日はこんな感じで。

では。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示