6月!

2016.06.23.Thu.01:16

ども、紅茶です。
今年はどの月も忙しくてなかなかブログを更新できませんね…

今月はディシディアもまともにやっていないので、いろんなことが片付いたらゲーセンに籠りたいです笑



・遊戯王

新制限が発表されたり新しいストラクチャーデッキが出て盛り上がってるみたいですね。
なんでも《ABC-ドラゴン・バスター》を使うユニオンデッキがヤバいとかなんとか。

サブギミックとして使われているカードを使ってみた感想をざっくり書いてみます。


1、ゴールド・ガジェット、シルバー・ガジェット、トランスターン

金銀ガジェットは格納庫発動後に召喚し、効果の発動に成功さえすれば簡単にランク4のモンスターが生成可能なのが魅力的ですが、増殖するGの標的になります。
バックに《激流葬》があると使いやすいかな、と思います。
トランスターンは格納庫ガジェトランスのプログラムアドバンスによるクロスインフィニティABC(格納庫トランスだとインフィニティABC)が魅力的ですね。
ただ、これも上記と同じく《増殖するG》の標的になります。

マッチ1本目では《増殖するG》の標的になろうとゴリ押しで勝つことも多いですが、2本目以降だと対策カードを引かれる危険性があるのがネックです。

《ギアギガント X》へのアクセス不可、《トランスターン》の媒体にできませんが、《マジェスペクター・ユニコーン》を一方的に潰せる《フォトン・スラッシャー》の方が個人的に好みです。


2、こけコッコ

先手だとレベル3チューナーとして運用し《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》に繋げて新たなフィールド魔法を確保しつつ追加の特殊召喚(主にガジェ)を行えるのが魅力的ですね。
(《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の横にツクヨミやギガギガントを置いてヌトスを出してさらに特殊召喚したりもできます)
後手だとレベル4チューナーとして運用し、レベル8シンクロやランク4に繋げることが可能ですね。
とても器用なカードですが、サーチする手段がないのが難点、といった具合でしょうか。


2、音響戦士

《音響戦士ギータス》から《音響戦士マイクス》だと追加の召喚権が付与される他、自身が《銀河戦士》とエクシーズすることにより《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》までのルートができます。
《音響戦士ギータス》から《音響戦士ピアーノ》だと《こけコッコ》で紹介したフェアリーパターンへのルートができます。
ただし、ギータスの特殊召喚効果に《増殖するG》を投げられるのがネックです。


4、同胞の絆

発動するとバトルフェイズを行えない他、以降の特殊召喚が行えなくなりますがフィールドに簡単にABCを揃えることができるのが利点です。
盤面を返す力がないのが難点でしょうか。
罠を多く積んだ構築での採用なら2~3枚、それ以外なら事故防止でのピン採用もしくは不採用の方がいいかもしれません。


こんなものでしょうか。
まだ触ってから全然日が経っていないのガバガバな使用感ですが、僕はこんな風に感じました。

まだまだ伸び代のあるABCデッキ。
今後どんな風に変わっていくかが楽しみですね!


・スクフェス


IMG_4707.png


Aqoursの初イベントということで久々にイベントポイント120,000ptを稼ぐごとを目標に頑張りました。

今回から貰えるポイントが増加するということでボーダー上がりそう…ということで120,000pt稼いだのですが…


IMG_4703.png


え!?

ボーダー上がると思ったんですがまさかの…
ま、まぁこれから人気が出てボーダーが上がる前の前兆なのかも…?

7月の大型アプデでのボイス追加が楽しみです!


そういえばサンシャインのアニメまであともう少しですね。
楽しみなので待ち遠しいです!


今日はこんなもので。

では。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 7月! | HOME | 5月! »